VW、EVでテスラ猛追 排ガス不正発覚から5年
25年、販売全体の2割に

2020/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正が発覚してから18日で丸5年になる。この間、ディーゼル車の退潮とEVの台頭が決定的になり、EV専業の米テスラが自動車業界で時価総額トップに立った。不正関連で3兆円以上を支払う傷を負ったVWはEVに舵(かじ)を切り、2020年代半ばにはEVでテスラとの2強になるとの見方も出る。EVを軸にした競争や合従連衡が世界で進みそうだ。

9月3日。VW本社に近い地方空港…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]