/

コロナ下、企業は人権どう守る? 労働者の安全・雇用確保を

真和総合法律事務所弁護士 高橋大祐氏に聞く

[有料会員限定]

近年、労働者などに対する人権への配慮が、企業に強く求められている。自社のみならず調達先においても、児童労働や外国人労働者に対する不正がないか、厳しく問われるようになった。企業は人権をどのように守っていけばいいのか。高橋大祐弁護士に聞いた。

2011年に国連で承認された「ビジネスと人権に関する指導原則」は、企業が人権を尊重する責任を負うことを明示。ESG(環境・社会・企業統治)を重視する投資家からの...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン