海外勢、日本国債に的 中長期債1.1兆円買い越し 6~12日

2020/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

財務省が17日発表した統計によると、海外投資家は6~12日に日本の中長期債を1兆1322億円買い越した。買い越しは2週連続。新型コロナウイルスが拡大する前の2月2~8日以来、ほぼ7カ月ぶりの大きさだった。日米で株価が下落するなか、国債に資金が向かった。

海外勢の取得額は2兆5916億円、売却や償還を含む処分額は1兆4595億円だった。海外勢の買いで国内債券相場は上昇(利回りは低下)した。長期金利…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]