/

この記事は会員限定です

LG化学、電池部門を分社へ

EV普及で上場視野

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国のLG化学は17日、電池部門を分社すると発表した。電気自動車(EV)普及に伴い車載電池の受注が急増しており、意思決定を速めるほか資金調達をしやすくするために分社を決めた。将来の新規株式公開(IPO)も視野に入れるという。

10月末に開く臨時株主総会での承認を得て、12月1日付で新会社「LGエネルギーソリューション」(仮称)を設立する。世界大手の車載電池のほか、電気を一時的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン