かがくアゴラ認知症ケア 3密回避難しく 日本認知症学会理事長 秋山治彦氏

2020/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コロナ禍において施設で暮らす認知症の人たちは家族と面会ができなくなった。日本認知症学会の調査によると、この間、症状が悪くなったと感じる専門医が約4割いた。同学会の秋山治彦理事長は解決策が見つからず悩ましい、という。

4月以降、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、認知症の医療、介護の中核サービスが止まっていった。これはまずいことになる。緊急事態宣言が解除された直後の5月25日から約2週間、学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]