「ボーイング、欠陥隠蔽」 737MAX墜落 米下院が最終報告

2020/9/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米議会下院の運輸・インフラ委員会は16日、2度の墜落事故を起こしたボーイングの小型機「737MAX」についての最終報告書を公表した。「ボーイングが利益を優先し、設計上の重大な欠陥を隠蔽した」と結論づけた。米連邦航空局(FAA)の審査も不十分で、欠陥を見抜けなかったと批判した。

737MAXは2018年10月と19年3月にインドネシアとエチオピアで墜落事故を起こし、計34…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]