/

この記事は会員限定です

組閣、派閥均衡を重視

神奈川・当選同期に菅色

[有料会員限定]

16日に発足した菅内閣は自民党の派閥にまんべんなくポストを配分した「派閥均衡型」といえる。菅義偉首相と同じ無派閥からは3人を登用した。首相と同期の1996年初当選組や神奈川選出議員が目立つなど「菅色」もみえる。

首相は総裁選で細田派(98人)、麻生派(54人)、竹下派(54人)、二階派(47人)、石原派(11人)の5派から支持を受けた。一方で派閥の意向を聞く従来型の人事はしないと断言し、能力主義の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン