アルミ調達費1割高
10~12月期、車生産など復調

2020/9/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

海外の資源大手と日本の需要家によるアルミニウム地金の10~12月期の調達費交渉が5四半期ぶりの値上げで決着した。前四半期から1割高い。自動車生産など国内需要の復調や欧州などでの調達費の上昇を映した。ただ日本全体では需要回復のペースが緩いとの見方から、上げ幅は交渉の開始時より圧縮された。

今回決着したのは国際指標であるロンドン金属取引所(LME)のアルミ地金価格に上乗せする割増金(プレミアム)。運…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]