投稿者特定 手続き簡素に 総務省が制度案 ネット中傷対策で

2020/9/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

総務省は16日、ネット上で中傷を受けた被害者が投稿者を特定しやすくするため、新たな司法手続きに関する制度案を示した。現在は被害者がSNS(交流サイト)事業者などから投稿者の氏名などの情報を入手するには複数回にわたる手続きが要る。1つの裁判手続きにまとめる見直しを促し、迅速な情報開示で被害者の救済をめざす。

同省の有識者会議に提示した。11月にも制度案をまとめ「プロバイダー責任制限法」の開示請求権…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]