大阪府警元巡査、大麻所持で有罪 大阪地裁判決

2020/9/16付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

自宅で大麻を所持したなどとして、大麻取締法違反(所持)や麻薬特例法違反の罪に問われた元大阪府警堺署巡査、蔵川涼太被告(22)=同府岸和田市=の判決公判が16日、大阪地裁で開かれた。船戸宏之裁判官は、懲役1年2月、執行猶予3年、追徴金6万円(求刑は懲役1年6月、追徴金6万円など)の判決を言い渡した。

判決理由で船戸裁判官は、警察官の立場にありながら犯行に及んだとし、「強い非難に値する」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]