電動トラックの米ニコラ「誇大な宣伝」批判に反論 報告書調査を当局に要請

2020/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】電動トラックの新興メーカー、米ニコラは14日、米調査会社のヒンデンブルグ・リサーチが同社の技術説明について「誇大な宣伝による詐欺だ」などと批判した報告書に反論した。報告書の内容には誤解や虚偽の説明が多数含まれていると指摘し、自社の説明に問題はなかったと強調した。

ニコラは8日に米ゼネラル・モーターズ(GM)との資本業務提携を発表し、株価が4割急騰した。ヒンデンブルグは1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]