/

この記事は会員限定です

イスラエル、アラブと国交正常化の波

UAE・バーレーンと署名、トランプ氏は仲介を成果に

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、カイロ=久門武史】イスラエルは15日、米ホワイトハウスでアラブ首長国連邦(UAE)やバーレーンと国交正常化の合意文書に署名する。共通の脅威とみなすイランに対する結束を強める狙いがあり、他のアラブ諸国も追随する可能性がある。トランプ米大統領は和平を仲介し、11月の大統領選に向けた成果を有権者にアピールする。

トランプ氏は15日、バーレーン外相を出迎えた際に記者団に対し「すばらし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン