UPDATE 知の現場豪ジェームズ・クック大 海洋科学コース 環境も養殖も、学び広範

2020/9/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

オーストラリア観光で屈指の人気を誇る世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ。その沿岸の街、タウンズビルにキャンパスを持つジェームズ・クック大学の海洋科学コースは世界有数の海洋研究で知られる。環境保全や養殖技術など幅広い分野の授業を行い、留学生も多い。研究機関や水産業など多くの分野に人材を輩出している。

ジェームズ・クック大学は1961年設立と、豪北東部クイーンズランド州で2番目に長い歴史を持つ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]