/

この記事は会員限定です

TikTok×安保、割れる対応

インドは中国アプリ禁止、フィリピンは言論の自由尊重

[有料会員限定]

中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の安全保障上の問題を巡り、アジア各国で対応が割れている。動画配信は地域PRにも活用されているが、中国への利用者情報の流出を懸念してアカウントを停止する動きも広がる。専門家は各国の対応は「対中姿勢を反映している」と指摘する。

埼玉県は、若者へのイメージアップのためティックトックの公式アカウントを開設した。同県出身の有名人らを起用した動画を20本以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン