/

この記事は会員限定です

漂流する入試 難関大以外偏差値終わり

駿台予備学校進学情報事業部長・石原賢一氏

[有料会員限定]

入試動向に詳しい駿台予備学校進学情報事業部の石原賢一部長は一般選抜(一般入試)以外の入学者が増えるのは大学の生き残り戦略に加え、保護者の意識の変化が大きいという。

――2022年の大学入試をどう見ますか。

「潮目となった年だと思う。昨年、私立大は新型コロナウイルス禍で志願者数が15%減ったが、元に戻る気配が全くない。全国模試で偏差値55未満の中下位層大学では一般入試から総合型選抜(旧AO)、学校...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン