/

この記事は会員限定です

スマホ依存防げ、自主対策広がる 各国の規制議論に対応

インスタ、保護者が利用管理 TikTokは休憩促し表示制限

[有料会員限定]

米メタ(旧フェイスブック)や米グーグルなどのテック企業が「スマートフォン依存」に対し自主規制に動き始めた。中国が未成年のゲーム利用時間を制限したほか、米国でもSNS(交流サイト)の規制強化に向けた議論が活発になり、実際のビジネスに影響も出始めている。あらゆるネットサービスで消費者の利用時間を奪い合う競争は転換を迫られつつある。

「現実から目を背けるため、ゲームに逃げ込んでしまったのかも」。群馬県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン