/

この記事は会員限定です

リチウムイオン電池の廃棄

事故防止へ分別回収が拡大

[有料会員限定]

販売店などの拠点で回収しているリチウムイオン電池を、地方自治体が家庭から直接回収する動きが広がっています。不適切な廃棄が原因で収集・処理過程での発火事故が相次いでいるためです。7月から東京都町田市や名古屋市、仙台市も分別回収を始めたり、回収対象の小型家電製品を増やしたりしています。

リチウムイオン電池は小型で軽量、充電して繰り返し使えることが特徴です。この電池の活用が進んだことで、スマートフォン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン