/

この記事は会員限定です

(全米オープンテニス)大坂、心と技磨き頂点

新コーチと戦術の幅広げる、自分に集中「ポジティブに」

[有料会員限定]

2年ぶりに全米オープンの女子シングルスを制した大坂なおみ(22、日清食品)は、コロナ禍によるツアー中断が転機になった。この期間を支えたのが、昨年末についたベルギー人のウィム・フィセッテコーチを中心とするスタッフだ。

データ分析の専門家でもあるフィセッテ氏は元世界1位クライシュテルス(ベルギー)のコーチとしてキャリアを開始。3度の四大大会優勝に導いた。以来、教えた選手は四大大会優勝者に限ってもハレプ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り650文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン