/

この記事は会員限定です

内モンゴルで130人拘束

中国語教育の強化に抗議

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】中国・内モンゴル自治区の小中学校で9月から中国語教育が強化されたことへの抗議活動が広がっている。少数民族のモンゴル族に対する拘束・逮捕が相次ぎ、日本経済新聞社の集計では、14日までに130人前後になった。

複数の自治区当局が中国のSNS(交流サイト)「微信(ウィーチャット)」で発表した資料を集計した。自治区教育庁がカリキュラム変更を発表した8月下旬以降、14日までに拘束された住民が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン