こころの玉手箱フランス文学者 鹿島茂(2) グランヴィルのイラスト本

2020/9/15付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

パリそのものを研究対象に選んだことによって、私の運命は大きく変わった。古書を購入するために大借金をするはめに陥ったからである。

しかし、厳密にいえば、パリ関係だけならそれほど破滅的な借金にはならずに済んだかもしれない。

では、なにがいけなかったのか?

それは19世紀のパリ風俗を描いた挿絵本を集める過程で、J・J・グランヴィルというイラストレーターの存在を知り、彼の全作品を集めようと決意してしまっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]