/

この記事は会員限定です

三井不陣営に優先交渉権 広島空港の民営化、国交省が選定

[有料会員限定]

国土交通省は11日、広島空港(広島県三原市)の民間委託について、三井不動産を筆頭とする陣営に優先交渉権を与えると発表した。10~11月にかけて同陣営と基本協定や契約を結び、2021年1月15日から空港ビルの運営など一部を先行して委託する。滑走路を含む全施設の民営化は同年7月から。空港運営の提案内容は基本協定を結ぶ秋ごろに公表する見通し。

選定された陣営には東急、住友商事広島銀行、マツダ、広島マツ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン