/

この記事は会員限定です

クラウドファンディング活用

少部数の商業出版でも採算

[有料会員限定]

インターネット上で資金を調達するクラウドファンディング(CF)を商業出版に採り入れようとする動きが、少しずつ広がっている。少部数の刊行でも採算が合う仕組みとして出版界に受け入れられる可能性も秘める。

多摩大学の前副学長で、現在特任教授を務める久恒啓一氏(70)は8月、CFで集めた資金をもとに、自らの研究成果の集大成である『図解コミュニケーション全集』の刊行を始めた。全集という形態は「作家や著者の全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り815文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン