手形決済60日以内 中小資金繰り改善へ短縮

2020/9/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は下請け企業への支払いに使われる約束手形の決済期限を「60日以内」に短縮する。現在は最長120日まで設定でき、中小企業が納入した商品などの代金を受け取るまで時間がかかることがあった。慣習の是正を促し中小企業の資金繰り改善を後押しする。

経済産業省と公正取引委員会が下請法の実質的な運用ルールとなっている通達を年内に見直す。繊維産業で90日以内、自動車・機械で120日以内と定めている決済期限を短…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]