/

この記事は会員限定です

「選択・集中せず」、M&Aを継続

[有料会員限定]

ミネベアミツミの株価は年初から1割安に沈む。車や航空機部品の低迷で、営業利益の7割を占める軸受け(ベアリング)などの機械加工品が苦戦するとの懸念があるためだ。ただ、相次ぐM&Aで多角化した事業が主力分野の減速を補っており、再評価される可能性は十分ある。

同社は2021年3月期業績(国際会計基準)の見通しをレンジで示している。営業利益は前期比15%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り167文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン