/

この記事は会員限定です

東京都、23区の時短営業を15日終了 感染減、経済に重点

[有料会員限定]

東京都は10日、新型コロナウイルスの感染対策として23区内の飲食店やカラオケ店に要請した午後10時閉店の時短営業を15日で終了することを決めた。新規感染者数が減少しているためで、感染状況の警戒度を示す指標も4段階のうち最高レベルから1段階引き下げた。

都内の1日当たりの新規感染者(1週間平均)は9日時点で148.6人で、ピークだった8月5日時点(346.3人)から約200人減少した。感染経路不明者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン