/

この記事は会員限定です

銀河の形態、AIで分類

国立天文台特任助教 但木謙一氏

[有料会員限定]

 宇宙空間には星の大集団である「銀河」が無数に存在する。その形は渦巻き型だったり、ぼやっとした楕円型だったり様々だ。国立天文台の但木謙一特任助教は銀河の写真を人工知能(AI)で解析し、形態別に分類する「すばる銀河動物園プロジェクト」を立ち上げた。銀河の形態を通じて銀河の進化の謎解きに役立てる。

銀河の魅力はその形にあり、その美しさに引かれている。我々の住む銀河がどうなっていくのか、おもしろさがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン