/

この記事は会員限定です

米新興ルーシッド、来年にEVセダン

テスラ元幹部ら開発

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】米テスラ元幹部らが設立した新興の電気自動車(EV)メーカー、米ルーシッドモーターズは9日、同社初の市販車となる「エア」を2021年に発売すると発表した。4~5人乗りのセダンで、価格は約8万ドル(約850万円)から。テスラの高級セダン「モデルS」や独ポルシェのEV「タイカン」などと競合することになる。

エアは、駆動部品を小型にすることで、競合車種に比べ広い車内と収納スペー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン