/

この記事は会員限定です

タイ、大麻産業化の足音 個人解禁、栽培登録100万人

中毒続出で危うさ拭えず

[有料会員限定]

【バンコク=井上航介】タイで6月、個人による大麻の栽培や使用が解禁された。日本を含めたアジアの大麻産業は3兆円市場になるとの予測もあり、唯一の合法化を果たしたタイが一大供給国になる可能性を秘めている。ただ、合法化に前のめりになるあまり、乱用防止への取り組みの遅れを不安視する声は根強い。未成年の中毒者も続出するなど、大麻が持つ危うさは拭えない。

「見ているだけで幸せになれる」。バンコク近郊で不動産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン