/

この記事は会員限定です

OMO デジタルで店とEC融合

[有料会員限定]

電子商取引(EC)の普及に伴って、デジタルを軸に店舗やネットの垣根なく顧客とつながる「OMO(オンラインとオフラインの融合)」戦略の重要性が増している。

世界の小売業でOMO戦略の先頭を走る企業の一社が、最大手の米ウォルマートだ。2018年に社名から「ストアーズ」を外し、店舗とEC両方の顧客満足度を高めるデジタル戦略にかじを切った。ECの商品を顧客の冷蔵庫まで直接届ける配送サービスを展開するほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り399文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません