/

この記事は会員限定です

供給網、サイバー防衛急ぐ 中小取引先にも抜き打ち検査

デロイトへの依頼、既に昨年の2倍

[有料会員限定]

部品会社などでサプライチェーン(供給網)へのサイバー攻撃対策を強化する動きが広がっている。抜き打ちで取引先の脆弱性を検査するデロイトトーマツグループは2022年初から7月までの依頼数がすでに昨年1年間の2倍に増えた。米パロアルトネットワークスもソフトの脆弱性などをチェックするサービスの引き合いが数十倍に拡大。トヨタ自動車の工場停止などをきっかけに中小企業などでも対応が加速している。

「こんなにも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン