/

この記事は会員限定です

サッカー場構想 資金カギ

地域活性化へ全国で新築や建て替え 山形知事「公設民営は無くなった」

[有料会員限定]

プロスポーツの競技場を建設し、地域活性化を目指す動きが全国で広がっている。大規模で事業費がかさむサッカースタジアムはこれまで自治体が建設主体だったが、民間の力も借りて造り、地域のまとまりを創出しようとする例が目立つ。土地を無償提供する自治体もある中、市民からの反発で思惑通りにいかないケースも出ている。(「日経グローカル」440号に詳報

5月15日、三重県鈴鹿市のサッカー場に元日本代表FWのカズ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません