/

この記事は会員限定です

不正請求2800万円超疑い

三重大病院の医師が改ざん

[有料会員限定]

三重大は8日、大学病院の医師が総額2800万円超の診療報酬を不正に請求した疑いがあると発表した。三重大によると、実際には手術で使っていない薬を投与したかのように診療録を改ざんしていたという。改ざんした症例は約2200件に上るとみている。

三重大は7日、医師2人を自宅謹慎にしたと明らかにしていた。電磁的記録不正作出などの疑いがあり、厳正処分を検討して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン