/

この記事は会員限定です

漂流する入試(5)大学「序列」残る過密日程

丁寧な選抜への変革阻む

[有料会員限定]

「一言で言えば不文律、大学のカルチャー。弱者が強者に合わせたもの」――。東京都市大の菅沼直治入試部長は全国私立大の一般選抜(一般入試)日程をまとめた「入試カレンダー」をこう語る。

2月に私立集中

「年内入試」が主流になっても私大の一般入試は2月に集中する。私大は学部や学科別に入試方法などを細分化し、複数回行う。旺文社のまとめによると、2022年1~3月に全国592大学が設定した入試は1万3千件以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン