/

この記事は会員限定です

日本、承認後れ懸念

ルール変更多発が課題

[有料会員限定]

世界でがん免疫薬の開発が広がるなか、日本では「ドラッグラグ(新薬承認の後れ)」が懸念されている。医薬産業政策研究所(東京・中央)によると、2020年までの5年間に欧米で承認された抗がん剤のうち、7割が日本で未承認だ。

日本での承認に向けた臨床試験(治験)がない新薬もある。背景には16年以降で、約60回にのぼる薬価のルール変更がある。国は保険財政の維持で薬価を引き下げるが、後出しジャンケンのような...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません