/

この記事は会員限定です

GDP年28.1%減に下げ

4~6月改定値、設備投資下振れ

[有料会員限定]

内閣府が8日発表した2020年4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比7.9%減、年率換算で28.1%減だった。8月に公表した速報値(前期比7.8%減、年率27.8%減)から下方修正した。企業の設備投資が速報値から下振れし、戦後最大の落ち込みは一段と深くなった。

マイナス成長は3四半期連続。4~6月期は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が緊急事態宣言を出す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン