/

この記事は会員限定です

備え厚く、災害被害抑制 台風10号

リスク増、官民連携必須に

[有料会員限定]

史上最強クラスの台風10号が九州の西海岸沖を縦断し日本海へ抜けた。重軽傷者は100人を超えた。一方、大規模な河川氾濫などは起きていない。今回、気象庁は頻繁に注意を喚起。企業も前もって車両や在庫の保全に走った。台風の大型化など自然災害リスクが高まるなか、官民で事前の備えの重要性が増している。(1面参照

気象庁がホームページで台風10号への注意を掲載したのは今月2日。翌3日から3日連続で合同記者会見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン