/

この記事は会員限定です

教育格差の処方箋(上) 幼少期の学習支援、最重要

マティアス・デゥプケ ノースウエスタン大学教授

[有料会員限定]

19世紀米国の教育改革者ホーレス・マンは、教育は「人間の状態を平等化する偉大な仕組み」だと述べた。質の高い教育をすべての人に提供すべきだとの理想を掲げ、そうすればどんな環境に生まれた子供でも、成功する機会を平等に手にすることができると考えた。

今日では、多くの国の教育制度がこの理想の下に構築されている。無料の公立学校、大学への公的助成、全国統一のカリキュラムなどはその代表例だ。

それでも現実は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2690文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン