/

この記事は会員限定です

(社説)住民投票へ課題はまだある

[有料会員限定]

大阪都構想の住民投票が10月12日告示、11月1日投開票の日程で行われることが決まった。新型コロナウイルスや衆院選の行方次第で変更もありうるが、大阪市民に審判を仰ぐうえで、府や市が考えるべき課題はまだある。

まず大阪市をなくして4つの特別区を置いた場合の財政見通しを複数示すことだ。府と市は極めて粗い試算として、どの特別区も財源不足には陥らないとの試算結果をまとめている。

ただコロナは感染者の多い大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン