/

この記事は会員限定です

文化財・建築 3Dで保存

首都圏の産官学、活用広がる デジタル資産を返礼品に

[有料会員限定]

文化財や建築物を3次元(3D)計測技術でデータ化し、保存・活用する動きが首都圏の産官学で活発になっている。貴重な出土品や価値の高い建物をデジタルで保存する手段として広がり、市民が親しめるようデジタル空間を整備する取り組みが目立つ。唯一性を証明したデジタルデータを販売する新たな流通形態も登場し、3Dデータの活用手法は多岐に及んでいる。

横浜市栄区の定泉寺境内にある巨大地下空間「田谷の洞窟」。全長5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン