/

この記事は会員限定です

新型コロナ、全数把握見直しへ

医療現場の負荷軽減

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス対応をめぐり、感染者の全数把握を見直す方向で検討に入った。医師は診断した感染者をすべて保健所に報告しており、感染者の急増で負担が重くなっている。今後の感染拡大も見据え、早急に対応策を練る。(関連記事経済・政策面に

加藤勝信厚生労働相は16日、新型コロナ対策で全国知事会と意見交換した。知事会は全数把握の手続きの見直しを要望した。平井伸治会長(鳥取県知事)によると、厚労相か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン