/

(暮らしスケッチ) 洗濯から収納まで1カ所で

「ランドリールーム」に熱視線 共働き増、時短需要切実に

[有料会員限定]

洗濯に関する家事の専用スペース「ランドリールーム」への関心が消費者の間で高まっている。洗濯から収納まで1カ所で完結できるのが特徴で、住宅取得年齢に差し掛かる共働き世帯が増え、家事の時短のために導入を考える人が増加。住まいに関するSNS「ルームクリップ」を分析すると、7月の検索水準は2016年同月比で約10倍となっている。

横浜市の主婦、稲野辺和美さん(43)は「洗濯に関連する作業時間が3分の1ま...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン