航空、苦肉の貨物頼み JAL・ANA 便数減で運賃上昇 旅客の落ち込み補う

2020/9/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で旅客が激減するなか、ANAホールディングス(HD)は国際貨物の輸送を増やしている。9月の臨時貨物便の運航数は400便と、約10便だった昨年を大きく上回る見通し。新型コロナで需要も低迷するが、貨物も運ぶ旅客便の激減で運賃が上昇。売り上げが見込める数少ない事業になった貨物輸送に頼る、苦肉の戦略となる。

ANAHDの航空貨物子会社、ANAカーゴ(東京・港)は2月以降、貨物の臨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]