/

この記事は会員限定です

サミット、7連休取りやすく

「巣ごもり」で繁忙、負担軽減 近隣店とシフト融通

[有料会員限定]

首都圏が地盤の食品スーパーのサミットは、従業員が連休を取りやすくする取り組みを始めた。近隣店舗で勤務を融通し合うなどして、希望者は最大で7連休をとれるようにする。新型コロナウイルスの流行による巣ごもり需要で、スーパーの従業員は労働量が増え負担が高まる。連休でリフレッシュしてもらうとともに、人材の確保につなげる狙いもある。

サミットは営業しているスーパー全119店を、12のブロックに分け運営を管理し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り453文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン