/

この記事は会員限定です

環境省のSDGs研修の事務局に

[有料会員限定]

キャンプ場運営などを手掛けるきたもっく(群馬県長野原町)は、環境省主催の地域のSDGs(持続可能な開発目標)リーダー育成研修で、同町北軽井沢エリアの現地事務局となり、研修プログラムを運営する。同研修は今年で3回目の開催で、長野原町で行われるのは初めて。

環境省主催の実践型研修プログラム「ローカルSDGsリーダー研修"migakiba(ミガキバ)"」は、脱炭素化や自立分散型社会を担う人材を地域か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン