/

この記事は会員限定です

「認知ケア」食習慣から

外出減り全身の衰え心配… 食品大手参入、40代にも裾野

[有料会員限定]

加齢とともに低下する認知機能を食品や運動でケアしようという消費者が増えている。新型コロナウイルス禍で外部との接触が減り、全身の機能低下が心配されているためだ。食品各社は認知機能をサポートするとうたう商品を発売し、予防のためのサービスも提供する。シニア世代だけでなく、介護を担う40代にも関心が広がっている。

「伸ばして!縮んで!右むいて!左むいて!」

アルツクリニックPETラボ(東京・新宿)にある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン