/

この記事は会員限定です

増やせぬ検査 背景に4課題(後編)

(3)公費でカバー広がる (4)抗原・唾液の利用カギ

[有料会員限定]

(3)費用負担の原則は 公費でカバー広がる

日本では保健所や医師が必要と判断した検査には公費が投入され、自己負担はかからない。症状がなく、濃厚接触などの事情もない人は検査対象外とされる。

海外渡航など仕事上、検査を受ける必要があったり、検査を強く希望したりした場合は、全額自費で検査を受けることも可能だ。美容整形などと同じ自由診療の扱いになるため公的補助はなく、医療機関によって2万~4万円の検査費用が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2013文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン