/

この記事は会員限定です

SDGs推進で協定

県と三井住友海上、中小支援なども連携

[有料会員限定]

埼玉県と三井住友海上火災保険は3日、SDGs(持続可能な開発目標)の推進などを柱とした包括的連携協定を結んだ。県のSDGsに関する活動に参加するほか、中小企業支援や防災、地域活動などの分野でも相互協力する。

県は「日本一暮らしやすい埼玉県」を目指してSDGs活動を強化しており、9月1日に推進組織「埼玉県SDGs官民連携プラットフォーム」を設置した。三井住友海上もこの枠組みに参加して県の活動を支援し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン