/

この記事は会員限定です

コロナ禍、在宅時間増 健康意識の食品好調

はごろも、「青魚煮付け」子どもに 三生医薬、プロテイン受注伸びる

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大による新しい生活様式が浸透し、静岡県内の食品・健康食品大手の売り上げが非常に堅調だ。家で過ごす時間の増加で以前よりも、肥満予防や体調維持などをうたう食品に注目が集まっているという。マスク着用が常態化するなか、口臭ケアといったニーズも高まっている。

はごろもフーズの売り上げの85%を占める家庭用食品が好調だ。前年と4~6月の売上高を比べたところ、総菜、デザート、パスタ&ソースの3つの部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン