/

この記事は会員限定です

小正醸造、焼酎設備でウイスキー

閑散期を活用、ブレンド用に「グレーン」生産

[有料会員限定]

小正醸造(鹿児島県日置市)は焼酎の生産設備を使い、グレーンウイスキー造りを始めた。焼酎造りの閑散期を活用し、設備を有効活用する。同社はモルトウイスキーの生産を既に始め、2021年春にシングルモルトウイスキーの出荷を始める予定。モルトに続きグレーンも自社生産することで、2つを配合した純国産のブレンデッドウイスキーも供給する体制を整える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン