/

この記事は会員限定です

クローン技術の開発(1962年)

iPS細胞につながる成果

[有料会員限定]

1962年、英国の生物学者ジョン・ガードン氏がカエルの受精卵の核を取り除いてオタマジャクシの腸の細胞の核を注入すると、新しいカエルに成長した。75年にはカエルの皮膚の細胞の核を卵子に移植し、大人の細胞核からクローン動物を生み出すことに成功した。

ガードン氏の業績によって、腸や皮膚に成長した細胞が受精卵の状態に「初期化」することがわかった。カエルで成功したクローン技術を哺乳類で成功させたのも英国の研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り224文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン